【新発表】ミオカステーロセンター南III:駅近だ! 駅近だ! エキチカだぞー!

目次

基本情報

ミオカステーロセンター南IIIhttps://www.yamada-kensetsu.co.jp/cms/bukken/cminami3/
キャッチコピーCENTER Style まっすぐ帰る?ふらっとしてみる?
売主山田建設
総戸数/階層67戸/11階建て
間取り/専有面積2LDK~4LDK/54.90 m2~81.40 m2
住所横浜市都筑区茅ケ崎中央42番7、42番8(地番)
駅距離横浜市営地下鉄ブルーライン「センター南」駅(徒歩2分)
横浜市営地下鉄グリーンライン「センター南」駅(徒歩2分)
竣工時期2022年10月下旬
予定販売価格/最多価格帯未発表

横浜屈指の人気エリアに駅近登場。登場なのだが!

あの港北ニュータウンに、駅近が、出ます。へぇ? まぁ、港北ニュータウンって言っても広いからね。場所が良くなきゃ…って、セン南だと!? しかも2分だと!?

今回もやってくれるねぇ、山田建設さん。11階建てで総戸数67戸という陣容で誕生する物件の名はミオカステーロセンター南III。IIIというからには当然過去作もあり、ミオカステーロセンター南(34戸/10階建て)が16年前に、ミオカステーロセンター南IIエスタ(20戸/11階建て)9年前に、それぞれ駅徒歩1分という超至近距離に誕生しています。第1作なんて平均専有面積87 m2台のゆとり十分のプランニングで、全戸角部屋。平均価格も4,500万円台だったのですが、今から見ると夢のような値段ですね。

ミオカステーロセンター南IIIマップ
物件公式サイト(https://www.yamada-kensetsu.co.jp/cms/bukken/cminami3/map/index.html)より引用、一部改変

21年5月現在、販売予定価格は未発表です。が、そもそも手出しできるシロモノなのかを理解するために価格を推理しましょう。今作は2LDK~4LDKタイプで専有面積54.90 m2~81.40 m2。最近の相場を考慮して坪単価300万円とすると、お値段は4,990万円~7,400万円。この計算なら「2LDKが4,900万円台から!」という売り文句も載せられるので、案外いい線いっていると自画自賛してみます(大外れだったらバカ丸出しですな…)。まぁこの当て推量が正しいとして、3LDKのCタイプのお部屋(73.81 m2)の価格を計算すると6,710万円…。

うぐぅ、コレなかなかきついな。手を出せるのだろうか。最初から若干ギブアップ気味ですが、そうは言えども魅力十分の物件ですので概要を見て行きましょう。

どうだい、この駅近。最高だろう?

ガチの駅近です。ご覧の通り、センター南駅の4番出口から建設現場が見えます。本当にあっという間。ダメだ、すげぇ。

センター南駅4番出口からの眺望
センター南駅4番出口からの眺望

あえて一生懸命アラ探しをするなら、この至近距離なのに車道を3本も渡らねばならず、物件前の道路に横断歩道がないということか。しかし、4番出口から物件へ向かう道は一方通行。歩道も若干の上りとは言え、歩くのが苦になるなんてもんじゃない。こんなのにケチを付けるのはただのひがみでしょう。参りましたね、これは。

周りはどうなっているのかな?

いそいそと現地に行ったのに建設計画の掲示がなかったぜ。ちくしょう。全体像が分からないので、ここは現場写真を掲載してお茶を濁します。

ミオカステーロセンター南III建設現場
物件西側(区役所通り側)より撮影

現場を見る限り、物件の南北に背の高いマンションおよびオフィスビルが建っているため、開放面は東西になりますね。実際に、公開済みのAタイプ(4LDK)とCタイプ(3LDK)は東向き、Eタイプ(2LDK)は西向きです。こういう配置だと物件の中央部が共用廊下になるはずで、そうするともしかして豪華な内廊下になったりしませんかね!? うーん、仕様の公開が楽しみですね。

間取をチェック!

優秀な駅近物件ですよ! 買えるかどうかは別として間取りを見ておきましょう。

A type

まずは81.40 m2の4LDKのAタイプ。開放面は東向きですが、角住戸なので北側にも窓が付きます。ただし、洋室4の採光が悪いので真の4LDKは最上階(11階)のみで、4階~10階は3LDK+S(サービスルーム)表記になります。むう、物件北側の10階建てマンションが陽射しに影響するようですね。

ミオカステーロセンター南IIIAタイプ
物件公式サイト(https://www.yamada-kensetsu.co.jp/cms/bukken/cminami3/plan/index.html)より引用

気を取り直して、まずは玄関前に自転車置場の表示があります。なんと。通常、マンションの廊下は共用部なので、モノ(傘立てや自転車、ベビーカーなども含む)を置くのは禁止なのですが、コチラの住戸はOKなんでしょうかね? 大抵のマンションは傘立てくらいは黙認されますが、本当に自転車OKだとしたら珍しい気がします。

ともかく入室してみましょう。文字が潰れていて確言できませんが、おそらく玄関の壁に鏡が付きます。鏡は同じ売主さんのミオカステーロ横濱中山IIでは標準装備なので、ここも同様と思います。通常はオプション品ですので、最初から付いているのは嬉しいですね。シューズインクロークも相当余裕がありそうです。

4LDKタイプなのでリビングの他に4部屋あるのですが、すべての洋室が片方に並んでいます。ほお。角部屋の利点として全部屋窓付きです。リビングに15.8畳の記載がありますが、キッチンを含む広さなので、実際には12畳台でしょう。それでも十分な広さを取れるのは、さすが余裕の80 m2台。いわゆるアウトフレーム工法で柱は部屋の外になりますので、リビングや洋室の形がすっきりしています。なお、洋室2と洋室3の扉はウォールドアなので、これらを開閉すればリビングの空間を広げたり、部屋数を調整したりすることが可能です。

収納は各部屋にウォークインクローゼットもしくはクローゼットを配備。さらに廊下にも収納があるので、収納力には問題なしか。

この戸数なのでキッチンにディスポーザーは付かないようですが、食洗器と食器棚が標準で付き、さらにパントリーがあります! パントリーの大きさがやばいですね。これはお子さんの人数が多い家庭でも余裕たっぷりです。

浴室は1418(1.4 m×1.8 m)。80 m2超のお部屋では一回り大きい1620(1.6 m×2.0 m)になるケースもよく見られますが、コチラは収納やパントリーにスペースを割いている分、サイズアップできなかった模様。これは好き好きですが、どうせなら広いお風呂に入りたいような気も。それを言うのは贅沢か。しかし、贅沢設備のミストサウナが付くことは明記されています。これは嬉しいポイントですね!

トイレは見た目すっきりタンクレストイレで、手洗いカウンターが付きます。さすがです。

バルコニー幅は余裕の2メートル。狭くて困ることはないでしょう。図面を見る限り、スロップシンクはないようですね。

C type

続いては3LDKのCタイプ。子供が1人~2人のファミリーにとってはこちらが本命になるのではないでしょうか。Cタイプには玄関前のスペースに自転車置場の表記がないのですが、Aタイプとは違って自転車を置いてはいけないんでしょうかね? ますます謎が深まるな…。

ミオカステーロセンター南IIICタイプ
物件公式サイト(https://www.yamada-kensetsu.co.jp/cms/bukken/cminami3/plan/index.html)より引用

まぁともかく、開放面はAタイプ同様東向きですが、角住戸なので南側にも窓が付きます。これはいいのですが、当物件の南側には9階建てのマンション(サザンクロス)があります。よって眺望や採光は微妙か。また、10階~最上階よりも下の階はこのマンションの住民と目線が合う可能性もあります。隣の建物との距離が近いので、ここはよく確認したいポイントです。

さて、お部屋の形自体はこちらも縦型リビングを採用し、洋室1~3を同じ列に並べた格好。部屋の形はいずれもきれいそうですね。洋室2と洋室3がウォールドアなので、Aタイプ同様にリビングの広さや部屋数を調整できるタイプ。最近はこのウォールドア式が好まれるのですが、あえてデメリットを書くと、がっちりした壁ではないため遮音性が劣ります。プライバシー重視の方にとっては、従来型の固定壁の方が嬉しいと思います。

ところで、洋室1のウォークインクローゼットがメチャクチャな大きさに見えます。なにこれすごい。これだけの大きさだと廊下側からも入れそうですが、そういう仕様ではないですね。

キッチンと洗面室の間は引き戸になっていますので、洗面室は廊下からもキッチンからも入れる仕様。これどうなんでしょうかね? キッチン⇔洗面室間の動線を確保しなくてはいけないので、食器棚が小さくなるのです。食器棚のスペースを犠牲にしてまでここを通す必要はあるのかな…?

浴室はAタイプ同様1418。70 m2台前半の部屋ですから、標準的な大きさです。

販売予定価格

販売予定価格は未発表です。冒頭にアレコレ書いた金額は私が勝手に言っているだけですのでアテにしないでください。とりあえず周辺の相場を見てみましょう。

ミオカステーロ港北中川III(先着順販売)

開幕したばかりのミオカステーロ港北中川III。なんと中川駅徒歩2分。センター南-センター北-中川-あざみ野という並びなので、当物件と条件が近い。これは参考になりますよ! 売り出し中の部屋から計算すると、2LDK+Sのお部屋で坪単価259万円、4LDKのお部屋で263万円ですか。では、坪単価260万円ってことにすれば良いでしょう。駅力の高いセンター南に建つ当物件の方が高くなるはずなので、これよりは高くなると踏んでおきましょう。

販売戸数(第1期1次)8戸
販売価格5,168万円~7,298万円
専有面積65.85 m2(2LDK+S)~91.56 m2(4LDK)
https://www.yamada-kensetsu.co.jp/mansion/mansiondata/detail/manshiondate_nakagawa3)より引用

周辺エリアの相場

すぐお隣りのセンター北エリアの相場はこんなものです。むー、という感想。冒頭で坪単価300万円でどうだと言った根拠はこれですが、当物件はガチの駅近ですし、まぁそんなくらいになるんじゃないかなぁ…。

エリア平均駅距離平均価格平均坪単価(*1)備考
センター北4.0分6,292万円297万円
スーモ新築マンション2020.3.3号より引用、(*1)平均価格より算出

ランニングコスト

管理費、修繕費等は未発表です。

項目費用(月額・税込)備考
管理費N/A
修繕費N/A
ハイセクト利用料N/A
駐車場N/A13台
バイク置場N/A4台
ミニバイク置場N/A6台
駐輪場N/A93台
ランニングコスト(当サイト調べ)※正確さは保証しかねます

評価のポイント

販売予定価格の発表がまだですが、人気エリアの好立地で設備も結構いいものが入りますし、安くはならんでしょう。予算が合わなければ諦めて他を当たるか…。

横浜市内でご予算が7,000万円になっても問題ない方であれば、西区や東横線沿いの港北区も視野に入ります。これらは横浜都心だったり、東京へのアクセスが良好だったりと優秀ですよ。一方、当物件の都筑区や青葉区は教育環境が良いので、こちらの方が気に入る方もいらっしゃると思います。また、行政が力を入れて整備したニュータウンなのできれいです。どちらが良いかは家族計画にもよりますね。いずれにせよ、予算を出せる方は選択肢が広くて羨ましいです。

併せてチェック!

この物件の続報

横浜を愛するみなさまに届けー!
目次
閉じる