SUUMO新築マンション(横浜・川崎・湘南版)2021.6.8号の見どころ

目次

特集は「年収と家 5625人調査」

今回は気になる方も多いはず。この雑誌ではお馴染みの特集ですが、世帯年収別に以下のように分類した場合、どの層が首都圏のどういう新築マンションを購入しているかという調査結果が掲載されています。

カップル&ファミリー
シングル
  1. 世帯年収600万円未満
  2. 600万円~800万円
  3. 800万円~1,000万円
  4. 1,000万円~1,200万円
  5. 1,200万円以上
  1. 世帯年収600万円未満
  2. 600~800万円
  3. 800万円以上

他人は他人、私は私、なのですが、似たような世帯年収の人たちが買っているマンションが気になるのは自然な感情です。この特集では、各層の方々が購入しているマンションの平均価格と専有面積に加え、借入額や返済額、自己資金などについても情報が掲載されています。ちょっとした好奇心でお隣りの懐事情を覗いてみるのも良いでしょう。

紹介しておいて言うのも何ですが、雑誌の調査結果を見て購入金額を再考する必要はないと思います。収入の安定度は家庭ごとに違いますし、住まいよりも子育てや趣味に力を注ぎたい方もいらっしゃるでしょう。実際、私もチラ見するだけで、自分の資金計画を変えたことは一度もありません(チラ見したくせにドヤ顔するなんてバカの極みですな…)。

とはいえ! この特集は当サイトにとっては割と重要なのです。当サイトが4,000万円~6,000万円の横浜市内の新築マンションを調査対象にしていると繰り返しPRしていることはお気づきですね? この金額レンジだと、上の表に分類された世帯年収のうち、ボリュームゾーンの人々を完全にカバーできるのです! フフフ…、やはり当サイトの着眼は間違っていなかったと自画自賛しておきます。

ピックアップ

さて、今号でピックアップされた横浜市内のファミリー向けマンションは以下の通りでした。青色にハイライトした物件は当サイトでも独自に調査結果をまとめていますので、ぜひご高覧ください。

  1. サンリヤン横浜鶴見ブランシエラ
  2. クレストレジデンス横浜SKY VIEW SHIOMIDAI
  3. ブランズシティ横濱上大岡
  4. ザ・パークハウスオイコス金沢文庫
  5. シティテラス横濱新杉田
  6. プライム港南台
  7. パークホームズ横浜本郷台リバーサイドヴィラ
  8. ルネ横浜戸塚
  9. ブランズタワー大船
  10. ブランズシティあざみ野
  11. パークシティLaLa横浜
  12. クリオ横濱蒔田公園
  13. クリオレジダンス横濱綱島

併せてチェック!

横浜を愛するみなさまに届けー!
目次
閉じる